器の種類と基礎知識 | キッチン用品 ギフト通販|フェイバリットキッチン


器の種類と基礎知識


器の基礎知識

知っておくと、器屋さんとの会話がスムーズにいくとか、お気に入りの器が長持ちするとか、「友達にさすが、器好き!」と一目置かれるとか・・。和食器を中心とした器の基本。

 

◎器の種類

焼き物には大きく分けて「土もの」と呼ばれる陶器と、「石もの」と呼ばれる磁器の2種類があり、土の種類と焼成温度が異なります。一般的には、陶器は厚くてぼってりとした感じ、磁器は白くかたい感じ・・・というような印象ですが、判断がしにくいものも少なくありません。扱い方には違いがあるため、性質や見分け方を知っておきましょう。

 

陶器

 

◎陶器

◆原料/陶土(粘土) ◆焼成の温度/1100~1300℃ ◆見た目/全体的に土の色があり、比較的厚みがあってやわらかい感じ ◆指ではじいたときの音/鈍い音 ◆高台の裏側の色/白でなく、原料となる陶土の色 ◆特徴/陶土を焼いた後の素地が粗いため吸水性があるが、釉薬の種類によっては吸水性が弱まる場合も。表面にひび割れ(貫入)が入って、味わい深くなるものもある。釉薬をかけずにそのまま焼いたものは「焼締」という。

 

磁器

 

◎磁器

◆原料/陶石(石の一種) ◆焼成の温度/1300~1400℃ ◆見た目/透明感があるような白で、比較的薄くてかたい感じ。 ◆指ではじいたときの音/澄んだ高い音 ◆高台の裏の色/白 ◆特徴/吸水がしにくいので、水に浸けておいても大丈夫。「ボーンチャイナ」とは牛骨灰を含んだ高級磁器。陶土を混ぜた「半磁器」といわれる。陶器と磁器の性質を併せ持つものもある。

 

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?

この記事が参考になりましたら下記のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!


器の種類と基礎知識の前後の投稿記事

≫ 次の記事: を読む

世界の食文化

アジアの料理道具
アジアの料理道具

ベトナムのせん切包丁、タイの石うす、中国の土鍋、韓国の石鍋などアジアのスグレものの料理道具をご紹介します。

続きを読む 2014年9月22日
器の扱い方と基本
器の扱い方

同じ原料でも陶器メーカーやブランド、作家さんによって土の種類や作り方が異なるため、すべてのものにあてはまるわけではありませんが、器の扱い方の基本についてお伝えしていきます。

続きを読む 2014年8月25日
ガラスの種類
ガラスの種類

ファイバリットキッチンでも多くを取り扱うガラス製品の種類をお伝えします。

続きを読む 2014年8月10日
アジアの味を作り出すもの
アジアの味を作り出すもの

アジアの味は何となく未知の世界。何で味をつけているのか想像しにくいもの。でも実はそれほどでもありません。もちろん、その国独持の香や味はありますが、うちで作るときには、まず身近なもので、味作りをしてみてください。

続きを読む 2014年7月6日
器の種類と基礎知識
器の基礎知識

焼き物には大きく分けて「土もの」と呼ばれる陶器と、「石もの」と呼ばれる磁器の2種類があり、土の種類と焼成温度が異なります。

続きを読む 2014年6月15日

おすすめアイテム

総合人気ランキングTOP10アイテム

人気のギフトアイテム

特集コンテンツ