店作りはオーナーのコンセプト | キッチン用品 ギフト通販|フェイバリットキッチン


店作りはオーナーのコンセプト


店作りはオーナーのコンセプト次第

カフェと一口にいっても、様々な形態があります。あなたはどんなカフェ経営をしたいと思っていますか?

 

◎オーナーの個性とこだわりが成否を分ける

 

カフェほど、オーナーの「こだわり」が店の雰囲気を左右し、お客さんへのアピール材料になる業態はありません。カフェづくりで最も大切なことは、店の「コンセプト=店のこだわり」を決めることだと以前にもお伝えしました。それさえ頭の中でしっかりイメージできれば、半分はオープンにこぎつけたようなものです。

 

といっても、「まだ明確なコンセプトが見つからなくて・・・」という方も多いでしょう。それでも大丈夫!「やってみたい!」という憧れのレベルから出発してどんどんイメージを膨らませていきましょう。

 

独立開業する上で、「コンセプトをしっかり固める」ことは、飲食業に限らず、どの業態にも必要なことです。しかりカフェ開業の場合は、このコンセプトワークがとりわけ大切だというのは、強調したい点です。一般的に飲食業の場合、店舗展開の成功のセオリーが細かいところまで確立しています。

 

メニューの黒板の書き方、ネーミングや価格設定にもこうすればお客さんをつかむことができるというパターンがあります。繁盛しているラーメン屋やFCのファミリーレストランの店内を眺めてみると、いかにセオリーを忠実に押さえて展開しているかに気がつくでしょう。

 

ところが、飲食業のなかでもカフェには型通りのセオリーがありません。オーナーは自由に自分の「こだわり」を店に注ぎ込んで、それぞれに独自の世界を築いています。その「世界」こそが最大の商品、成功を左右する鍵だといっても過言ではないのです。

 

しかし、コンセプトが曖昧なまま、つまりこだわりが弱いと、なかなかお客さんが店に定着してくれません。

 

コンセプト(=店のこだわり)はメニューや内外装、営業スタイルや接客など、全体に反映されるものです。確かにドリンクとカフェめしの味だけで成功している店もありますが、お客さんはそれ以外の「プラスアルファ」の部分、たとえばオーナーやスタッフの人的魅力や、店の雰囲気、こだわりの雑貨やグッズ、イベントなども楽しみに来ているのです。この点が「カフェには成功セオリーがない」といわれているところなのです。

 

音楽でも、インテリアでも、サービスでも繁盛しているお店は、お客さんの間で、「あの店って○○○だよね」といわれるものがあるものです。ジャズ通の格好いいマスターがいるとか、眺めのいいテラスであのハンバーグを食べるのが最高!だとか・・・。

 

つまり、繁盛する店とは「店の魅力を表現できる言葉」を備えているのです。

 

飲食業が成熟してくると、まずい料理を出す店は淘汰されていきます。おいしい料理を提供し、それなりに清潔感のある店が殆どです。その上でさらに、個性を出すための「プラスアルファ」が必要なのです。店の魅力を表現できる言葉が広まることは、カフェを通じてオーナーが伝えたいメッセージが、お客さんにしっかり受け入れられた証拠です。

 

ただし、10人のうち10人全員に共感してもらえる店作りはとうてい無理です。自分のメッセージが届く熱心なファンが1人いれば、店は成功するはず。そんな気持ちで自分のコンセプトを作っていきましょう。 店作りはオーナーのコンセプト次第

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?

この記事が参考になりましたら下記のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!


店作りはオーナーのコンセプトの前後の投稿記事

≪ 前の記事: を読む

≫ 次の記事: を読む

特集

開業時の設備費や厨房機器は?
カフェ開業時の設備費や厨房機器は?

どんなお店だとしても、カフェのスタイルを取るなら、エスプレッソマシーンは必須。カフェの顔として、まずエスプレッソやカプチーノはメニューから外せないでしょう。

続きを読む  2015年8月19日
開業時の内外装費は極力抑える
カフェ開業の内外装費は極力抑える

物件費用について開業資金の多くを占めるのは、内外装費です。そのポイントについて解説します。

続きを読む  2015年8月18日
好立地条件も店のコンセプト次第
好立地の条件もお店のコンセプト次第

カフェ開業の第一歩どこに開店するのか?繁華街や人気スポット等の高額物件エリアに続き、オフィス街では、坪単価は2万円~3万円程度と一気に下がり、また地方の中枢年や、住宅街では、坪単価は1万円~2.5万円が相場とさらに下がります。問題は、家賃が高い「人気エリア」なら、それに比例して集客も売り上げも上がるのかという点です。

続きを読む  2015年8月14日
カフェ開業のエリアと物件探し
カフェ開業のエリアと物件探し

物件探しは、お店の方向性作りと、オープン後の売上を左右する大事な要素です。その費用は、開業資金のおおよそ3割~5割。開業資金の実に半分近くを占めることもあるわけですから、それだけ力をいれなくてはならず、覚悟も必要です

続きを読む  2015年8月13日
店作りはオーナーのコンセプト
店作りはオーナーのコンセプト次第

カフェほど、オーナーの「こだわり」が店の雰囲気を左右し、お客さんへのアピール材料になる業態はありません。カフェづくりで最も大切なことは、店の「コンセプト=店のこだわり」を決めることだと以前にもお伝えしました。それさえ頭の中でしっかりイメージできれば、半分はオープンにこぎつけたようなものです。

続きを読む  2015年8月12日
特殊包丁の特徴と用途
特殊包丁の特徴と用途

特殊包丁の特徴と用途。特殊包丁は、仕事を効率的に行うために、用途に合わせて開発された専用の包丁で、ハモ骨切り包丁やウナギ包丁、すし切り包丁などがあります。それぞれ個性的な形をしているものが多く、扱い方も難しが、これらの包丁と使いこなせるようになると格段に仕事の効率があがります。

続きを読む  2015年8月2日
薄刃包丁の特徴と用途
薄刃包丁の特徴と用途

薄刃包丁は、むく、刻む、へぐ、そぐと野菜の仕事には欠かせない。プロの料理人が始めて手にするのもこの薄刃包丁です。野菜の仕事を通じ、包丁の扱い方や刃の動かし方、手の添え方など、包丁の基本を学んでいきます。薄刃包丁になれ、使いこなせるようになってはじめて、他の包丁も扱うことができるようになります。そのため、自分の手に合った使いやすい包丁を選ぶ事が大切です。

続きを読む  2015年8月2日
刺身包丁の特徴と用途
刺身包丁の特徴と用途

刺身包丁は、その名のとおり、刺身を切りつけるための包丁です。刺身は、魚の鮮度やおいしさを切り方ひとつで見せるという、きわめてシンプルな料理であり、それだけに包丁の切れ味が問われる料理でもあります。

続きを読む  2015年8月1日
出刃包丁の特徴と用途
出刃包丁の特徴と用途

出刃包丁は、ウロコを取る、頭を切り落とす、内蔵の処理をする、身をおろすと、魚の下ごしらえ全般に使う包丁です。また甲羅を割ったり、鶏をさばいたり、骨をきったりする時にも使います。

続きを読む  2015年7月30日
包丁の基礎知識
包丁の基礎知識

包丁を深く識るためには、形だけでは伝えられないものがある。製造法、鋼材の種類、構造・・。包丁に使われる鋼材一つとっても、時代の中で、新しい要素が生まれ、普及している。それでも昔ながらの製法、素材が今も使われる理由を考える上で、包丁の基礎を識ることは無駄ではない。自分に合った包丁を選ぶ為にも是非学んでおきたい基本をご紹介します。

続きを読む  2015年7月29日

おすすめアイテム

総合人気ランキングTOP10アイテム

人気のギフトアイテム

特集コンテンツ