開業時の内外装費は極力抑える | キッチン用品 ギフト通販|フェイバリットキッチン


開業時の内外装費は極力抑える


カフェ開業の内外装費は極力抑える

物件費用について開業資金の多くを占めるのは、内外装費です。そのポイントについて解説します。

 

◎内外装費は極力安く仕上げ、什器や厨房設備などの設備費を厚くする

 

カフェの場合、開業資金は、床や壁などにかける内装費や外観を作る外装費をなるべく抑えて、できるだけ設備費に回しましょう。木目ふうや石壁ふうなど、特別に凝ったデザインの内外装費を除いて、「床や壁は、たとえばコンクリート打ちっ放しなどドライに仕上げ、その他の設備費、什器設備や食器やインテリアに力を注ぐのが良いでしょう。

 

厨房機器には少なくとも100万円程度の投資がかかる場合が多いですから、開業資金にゆとりを持たせ、開店後の運転資金を確保しておくためにも、省けるところは省くという思い切りが必要になってきます。

 

内装に関していえば、業者に依頼する場合、費用の内訳は、設計費、材料費、職人の手当て等となり、すべてお任せなら、1坪50万円から場合によっては100万円程度かかります。

 

もちろん物件の広さ、工事期間で金額は大きく変わります。「自力でやれるところは自力でやる」気構えも大事です。こと個人経営の店であればなおさら。むしろそれを楽しむつもりで臨むとよいでしょう。そうすれば1坪10万円程度まで下げることは十分可能です。

 

キッチンの導線と配管チェック

◎キッチンの作業導線と配管チェック

 

厨房では、食材を「取り出す」→「洗う」→「切る」→「火を入れる」の4つの基本作業の流れがとても大切です。スムーズに動けるような作業導線が確保されてないと、調理の手順にロスが出たり、キッチンスタッフがぶつかったり、やけどや怪我をすることも考えられます。依頼した設計図面が出来上がったら、「冷蔵庫」→「シンク」→「作業台」→「ガス台」と、順序よくレイアウトされているかどうか確認してみて下さい。

 

◎現実的な資金分配を・・

 

不況下のいま、カフェを新規開業する個人オーナーの自己資金は、数約万円からせいぜい1000万円程度。中には1500万円、2000万円といった大金を用意できる人もいますが、上をみればキリがありません。

 

ないものねだりよりも、足らない部分を補う知恵を絞り出します。「自力でやれるところは自力でやる」精神を思いだしましょう。配管工事や素人ではアラが目立って難しい天井のボード張りなどは、プロに任せるとして、柱や壁の塗り替え、床の張替え、キッチン棚を作る、カウンターのタイル張り、黒板付きの看板などはできるかぎりチャレンジしましょう。

 

開店準備のなかでも、内装の費用はもっとも相場がつかみにくいところ。それだけに業者任せになったり、「これくらいの出費は当然か」と諦めがちになることも多いようです。しかし「自分でできることは自分でやる」精神で取り組めば、数十万円から場合によっては100万円単位位のお金を節約することも可能。

 

材料も、よほど特別なもの以外はホームセンターで格安に仕入れられます。DIY講習もありますし、店員さんからレクチャーを受けるのも良いでしょう。工具レンタルサービスというのもあります。

 

もちろんプロの業者から相見積もりを取り、値切り交渉もしっかりやりましょう。

 

いざ自分たちで内装に取り掛かったものの、ふたを開けると塗料の色が微妙に違う!」「タイルのサイズが合わない!」などのアクシデントはつきもの。これは仕方がありません。そんな時は手作り感も個性の一つと考えると楽しいものです。「手先が器用じゃない」という人もペンキ塗り程度ならできるはず。一つでも内装工事に携われば、店作りの実感が断然違ってきます。

 

人手が足りなかったら、親しい仲間に頼み込んでワイワイとやりましょう。そんな楽しみ方も、カフェ作りにはお似合いなのです。しかし注意しておきたい点があります。それは工事期間でもカラ家賃が発生すること。業者だと数週間の工事だとしても、素人工事ではそれだけ長引きます。

 

この時期は、同時並行でほかの事務的仕事も片付けたいところ。仲間とワイワイやりながら、ちっとも進まない、では家賃ばかり無駄になってしまいますので、現実的なプランの上で、倹約と店作りの達成感を両立させて下さい。

 

カフェ開業の資金分配

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?

この記事が参考になりましたら下記のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!


開業時の内外装費は極力抑えるの前後の投稿記事

≪ 前の記事: を読む

≫ 次の記事: を読む

特集

開業時の設備費や厨房機器は?
カフェ開業時の設備費や厨房機器は?

どんなお店だとしても、カフェのスタイルを取るなら、エスプレッソマシーンは必須。カフェの顔として、まずエスプレッソやカプチーノはメニューから外せないでしょう。

続きを読む  2015年8月19日
開業時の内外装費は極力抑える
カフェ開業の内外装費は極力抑える

物件費用について開業資金の多くを占めるのは、内外装費です。そのポイントについて解説します。

続きを読む  2015年8月18日
好立地条件も店のコンセプト次第
好立地の条件もお店のコンセプト次第

カフェ開業の第一歩どこに開店するのか?繁華街や人気スポット等の高額物件エリアに続き、オフィス街では、坪単価は2万円~3万円程度と一気に下がり、また地方の中枢年や、住宅街では、坪単価は1万円~2.5万円が相場とさらに下がります。問題は、家賃が高い「人気エリア」なら、それに比例して集客も売り上げも上がるのかという点です。

続きを読む  2015年8月14日
カフェ開業のエリアと物件探し
カフェ開業のエリアと物件探し

物件探しは、お店の方向性作りと、オープン後の売上を左右する大事な要素です。その費用は、開業資金のおおよそ3割~5割。開業資金の実に半分近くを占めることもあるわけですから、それだけ力をいれなくてはならず、覚悟も必要です

続きを読む  2015年8月13日
店作りはオーナーのコンセプト
店作りはオーナーのコンセプト次第

カフェほど、オーナーの「こだわり」が店の雰囲気を左右し、お客さんへのアピール材料になる業態はありません。カフェづくりで最も大切なことは、店の「コンセプト=店のこだわり」を決めることだと以前にもお伝えしました。それさえ頭の中でしっかりイメージできれば、半分はオープンにこぎつけたようなものです。

続きを読む  2015年8月12日
特殊包丁の特徴と用途
特殊包丁の特徴と用途

特殊包丁の特徴と用途。特殊包丁は、仕事を効率的に行うために、用途に合わせて開発された専用の包丁で、ハモ骨切り包丁やウナギ包丁、すし切り包丁などがあります。それぞれ個性的な形をしているものが多く、扱い方も難しが、これらの包丁と使いこなせるようになると格段に仕事の効率があがります。

続きを読む  2015年8月2日
薄刃包丁の特徴と用途
薄刃包丁の特徴と用途

薄刃包丁は、むく、刻む、へぐ、そぐと野菜の仕事には欠かせない。プロの料理人が始めて手にするのもこの薄刃包丁です。野菜の仕事を通じ、包丁の扱い方や刃の動かし方、手の添え方など、包丁の基本を学んでいきます。薄刃包丁になれ、使いこなせるようになってはじめて、他の包丁も扱うことができるようになります。そのため、自分の手に合った使いやすい包丁を選ぶ事が大切です。

続きを読む  2015年8月2日
刺身包丁の特徴と用途
刺身包丁の特徴と用途

刺身包丁は、その名のとおり、刺身を切りつけるための包丁です。刺身は、魚の鮮度やおいしさを切り方ひとつで見せるという、きわめてシンプルな料理であり、それだけに包丁の切れ味が問われる料理でもあります。

続きを読む  2015年8月1日
出刃包丁の特徴と用途
出刃包丁の特徴と用途

出刃包丁は、ウロコを取る、頭を切り落とす、内蔵の処理をする、身をおろすと、魚の下ごしらえ全般に使う包丁です。また甲羅を割ったり、鶏をさばいたり、骨をきったりする時にも使います。

続きを読む  2015年7月30日
包丁の基礎知識
包丁の基礎知識

包丁を深く識るためには、形だけでは伝えられないものがある。製造法、鋼材の種類、構造・・。包丁に使われる鋼材一つとっても、時代の中で、新しい要素が生まれ、普及している。それでも昔ながらの製法、素材が今も使われる理由を考える上で、包丁の基礎を識ることは無駄ではない。自分に合った包丁を選ぶ為にも是非学んでおきたい基本をご紹介します。

続きを読む  2015年7月29日

おすすめアイテム

総合人気ランキングTOP10アイテム

人気のギフトアイテム

特集コンテンツ