飲食店経営という仕事 | キッチン用品 ギフト通販|フェイバリットキッチン


飲食店経営という仕事


飲食店経営という仕事 飲食店で成功するための第一歩は、「飲食店経営がどのような仕事なのか」をきちんと認識することです。飲食店を取り巻く環境とリスクをきちんと把握しておきましょう。

 

◎飲食店経営の現実

飲食店経営というと「誰でも簡単に始められる」「簡単に儲かる」などと思われがちです。しかし、実際は非常に苦労が多く、厳しい仕事です。そう簡単には儲かりません。儲かったとしてもその額はさほど大きくはならないのが普通。しかも労働集約的な仕事ですから、効率を上げるにも限界がありますし、一人の顧客が払う代金もそう多くは望めませんね。

 

また、比較的簡単に改行できるのは事実ですが、それだけに新規参入者も多く、面白い商品やサービスを開発してもすぐに真似をされてしまいます。そして、その商品の寿命も近年は非常に短くなっているのが現状。

 

飲食店のリスクは、それだけではありません。たとえば、近所に競合店ができて、売り上げが一気に半減するなどということも日常茶飯事。食材不安が社会的ニュースになったりすると、その食材をメインに扱っている店舗では、お客がまったく来なくなるなどということも起こりえます。

 

国民生活金融公庫の調査によると開業後5年以内の廃業率は全業種で15.4%だそうです。その中でも「飲食店」の廃業率は24.1%でした。開業しても、4人に1人は5年以内に廃業しているというわけです。しかもこの数字は、あくまで「廃業した店」の数ですから、「順調に利益を上げている店」の割合は、さらに少なくなるはずです。

 

このように、飲食店経営とは、参入こそしやすいものの、非常に成功率の低い仕事であり、リスクの大きな挑戦なのですね。まずは、そのことをしっかり認識することが、成功への第一歩となります。

 

◎経営のリスク

経営 多額の初期投資が必要 最低でも500万円以上の費用がかかるのが一般的。店舗内容によってはさらに多くの投資が必要なことも。
売上限度がある 店舗面積、客席数、客単価、営業日数、厨房生産能力、売れる時時間帯など制約があるため、売上高に限度がある。
システム化が困難 仕事のほとんどは「人の手」により行われているため、工場のような機械化やシステム化が難しい。
利益率に限度がある 上述のような飲食店の基本的経営体質上、10%を超える営業利益率はなかなか得られない。
労力 長時間労働 長時間労働で立ち仕事。かがむ、振り向く、背伸びするなどの動作が伴うため、肉体的に非常に厳しい。
休めない 休めば売上なし。年末年始・GW・夏休みも仕事であることが多いので、家族の理解が必要不可欠。
市場背景 市場は縮小傾向 外食産業の市場規模は1997年ごろから年々縮小傾向。今後も市場拡大は期待できない。
社会環境の厳しさ 人口減少。少子高齢化、景気の不安定さなど、飲食店を取り巻く環境は厳しい。
競争の激化 縮小市場にもかかわらず、新規出店数は増大傾向。若い世代の独立志向など、今後は過当競争の時代に。
成功確率 50%の成功確率 新規に開業した飲食店のうち、開業後5年以内に4店中1店が廃業。そのうち利益計上できている店舗は、70%以下という調査結果も。すなわち、飲食店を開業して成功している人の割合は50%となる

 

飲食店経営という仕事の現実

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?

この記事が参考になりましたら下記のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!


飲食店経営という仕事の前後の投稿記事

≪ 前の記事: を読む

≫ 次の記事: を読む

特集

開業時の設備費や厨房機器は?
カフェ開業時の設備費や厨房機器は?

どんなお店だとしても、カフェのスタイルを取るなら、エスプレッソマシーンは必須。カフェの顔として、まずエスプレッソやカプチーノはメニューから外せないでしょう。

続きを読む  2015年8月19日
開業時の内外装費は極力抑える
カフェ開業の内外装費は極力抑える

物件費用について開業資金の多くを占めるのは、内外装費です。そのポイントについて解説します。

続きを読む  2015年8月18日
好立地条件も店のコンセプト次第
好立地の条件もお店のコンセプト次第

カフェ開業の第一歩どこに開店するのか?繁華街や人気スポット等の高額物件エリアに続き、オフィス街では、坪単価は2万円~3万円程度と一気に下がり、また地方の中枢年や、住宅街では、坪単価は1万円~2.5万円が相場とさらに下がります。問題は、家賃が高い「人気エリア」なら、それに比例して集客も売り上げも上がるのかという点です。

続きを読む  2015年8月14日
カフェ開業のエリアと物件探し
カフェ開業のエリアと物件探し

物件探しは、お店の方向性作りと、オープン後の売上を左右する大事な要素です。その費用は、開業資金のおおよそ3割~5割。開業資金の実に半分近くを占めることもあるわけですから、それだけ力をいれなくてはならず、覚悟も必要です

続きを読む  2015年8月13日
店作りはオーナーのコンセプト
店作りはオーナーのコンセプト次第

カフェほど、オーナーの「こだわり」が店の雰囲気を左右し、お客さんへのアピール材料になる業態はありません。カフェづくりで最も大切なことは、店の「コンセプト=店のこだわり」を決めることだと以前にもお伝えしました。それさえ頭の中でしっかりイメージできれば、半分はオープンにこぎつけたようなものです。

続きを読む  2015年8月12日
特殊包丁の特徴と用途
特殊包丁の特徴と用途

特殊包丁の特徴と用途。特殊包丁は、仕事を効率的に行うために、用途に合わせて開発された専用の包丁で、ハモ骨切り包丁やウナギ包丁、すし切り包丁などがあります。それぞれ個性的な形をしているものが多く、扱い方も難しが、これらの包丁と使いこなせるようになると格段に仕事の効率があがります。

続きを読む  2015年8月2日
薄刃包丁の特徴と用途
薄刃包丁の特徴と用途

薄刃包丁は、むく、刻む、へぐ、そぐと野菜の仕事には欠かせない。プロの料理人が始めて手にするのもこの薄刃包丁です。野菜の仕事を通じ、包丁の扱い方や刃の動かし方、手の添え方など、包丁の基本を学んでいきます。薄刃包丁になれ、使いこなせるようになってはじめて、他の包丁も扱うことができるようになります。そのため、自分の手に合った使いやすい包丁を選ぶ事が大切です。

続きを読む  2015年8月2日
刺身包丁の特徴と用途
刺身包丁の特徴と用途

刺身包丁は、その名のとおり、刺身を切りつけるための包丁です。刺身は、魚の鮮度やおいしさを切り方ひとつで見せるという、きわめてシンプルな料理であり、それだけに包丁の切れ味が問われる料理でもあります。

続きを読む  2015年8月1日
出刃包丁の特徴と用途
出刃包丁の特徴と用途

出刃包丁は、ウロコを取る、頭を切り落とす、内蔵の処理をする、身をおろすと、魚の下ごしらえ全般に使う包丁です。また甲羅を割ったり、鶏をさばいたり、骨をきったりする時にも使います。

続きを読む  2015年7月30日
包丁の基礎知識
包丁の基礎知識

包丁を深く識るためには、形だけでは伝えられないものがある。製造法、鋼材の種類、構造・・。包丁に使われる鋼材一つとっても、時代の中で、新しい要素が生まれ、普及している。それでも昔ながらの製法、素材が今も使われる理由を考える上で、包丁の基礎を識ることは無駄ではない。自分に合った包丁を選ぶ為にも是非学んでおきたい基本をご紹介します。

続きを読む  2015年7月29日

おすすめアイテム

総合人気ランキングTOP10アイテム

人気のギフトアイテム

特集コンテンツ