飲食店経営の魅力とは | キッチン用品 ギフト通販|フェイバリットキッチン


飲食店経営の魅力とは


飲食店経営の魅力 飲食店経営は大変厳しい仕事ですが、その反面、大きな魅力にあふれていることも事実です。多くの飲食店開業者に「飲食店経営の魅力」を聞くと、まず初めから出てくる答えは、「一国一城の主」という言葉。自らの力で事業を立ち上げる醍醐味は、経験したものにしか味わえないものでしょう。また、頑張れば頑張ったぶんだけ自分の報酬になる点も、勤め人には味わえない魅力です。

 

◎飲食店経営は局地戦

飲食店経営は、自店周辺の狭い地域を商圏とする戦いですから、まさに「局地戦」です。よって、規模の小さな個人店・中小飲食店であっても、大規模チェーン店を打ち負かすことが可能です。個人が大手企業と対等に勝負できる業界というのは、非常に少ないのではないでしょうか?

 

「現金の資金繰りがしやすい」という点も、大きな魅力の一つでしょう。飲食店は、「売上は現金入金・経費は後払い」と言えます。また、原価率が低く、粗利益が高いのが一般的なので、必然的に経営自由度も高まります。これが、個人・中小店でも他店と戦っていける下地となってくれます。

 

そして、なんといっても一番の魅力は、「自ら考え作りだした商品(料理・接客・店舗その他)が、自分の目の前で消費されていく」という点でしょう。時には厳しい評価もありますが、それでも顧客と真正面から真剣に向き合えるわけですから、他業種では味わえない充実感を得られるはずです。これこそ、飲食店経営の一番の醍醐味ではないでしょうか。特にこれまで飲食業界で仕事をしてきた人にとっては、絶好の力試しの場となることでしょう。

 

◎飲食店経営の魅力とメリット

 

魅力 一国一城の主になれる 自らの意志で、思い通りの経営を行う事ができる。
力試しができる 苦労して身につけた料理技術や接客技術、感性や先見性を試すことができる。
大手チェーンと勝負ができる ブランド力や知名度、規模や組織の力がなくても、大手チェーンと対等に勝負できる。
成長・拡大への期待感 店舗がヒットし、顧客の支持を得ることができれば、多店舗化、大規模化も夢ではない。
メリット 現金商売である 売上高はほぼすべてが現金回収。また、売掛金が発生しても殆どはクレジット会社経由のため、現金未回収のリスクが小さい。
資金繰りがラク 仕入に対する支払の多くは、買掛金による後払い。売上げは即現金⇒支払いは後払いのサイクルなので、資金繰りに対する苦労は相対的に少ない。
ニーズがなくならない 人は食事をしなければ生きていけず、また食事を楽しむというニーズも決してなくならない。人がいるところには、必ず必要な仕事である。
参入障壁が低い 厳しい資格や技術がなくても、努力し本気で取り組めば、飲食店経営に参入し、成功することが可能。
差別化を図りやすい スーパーの野菜のように、商材を仕入れてそのまま販売する商売ではないため、商品の差別化を図りやすい。
醍醐味 ライブ感 天塩にかけて作り上げた商品が、自分の目の前で消費されていく。顧客の反応や評価をその場で直ぐに直接感じることができ、やりがいを見出しやすい

 

飲食店経営の魅力とは

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?

この記事が参考になりましたら下記のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!


飲食店経営の魅力とはの前後の投稿記事

≪ 前の記事: を読む

≫ 次の記事: を読む

特集

開業時の設備費や厨房機器は?
カフェ開業時の設備費や厨房機器は?

どんなお店だとしても、カフェのスタイルを取るなら、エスプレッソマシーンは必須。カフェの顔として、まずエスプレッソやカプチーノはメニューから外せないでしょう。

続きを読む  2015年8月19日
開業時の内外装費は極力抑える
カフェ開業の内外装費は極力抑える

物件費用について開業資金の多くを占めるのは、内外装費です。そのポイントについて解説します。

続きを読む  2015年8月18日
好立地条件も店のコンセプト次第
好立地の条件もお店のコンセプト次第

カフェ開業の第一歩どこに開店するのか?繁華街や人気スポット等の高額物件エリアに続き、オフィス街では、坪単価は2万円~3万円程度と一気に下がり、また地方の中枢年や、住宅街では、坪単価は1万円~2.5万円が相場とさらに下がります。問題は、家賃が高い「人気エリア」なら、それに比例して集客も売り上げも上がるのかという点です。

続きを読む  2015年8月14日
カフェ開業のエリアと物件探し
カフェ開業のエリアと物件探し

物件探しは、お店の方向性作りと、オープン後の売上を左右する大事な要素です。その費用は、開業資金のおおよそ3割~5割。開業資金の実に半分近くを占めることもあるわけですから、それだけ力をいれなくてはならず、覚悟も必要です

続きを読む  2015年8月13日
店作りはオーナーのコンセプト
店作りはオーナーのコンセプト次第

カフェほど、オーナーの「こだわり」が店の雰囲気を左右し、お客さんへのアピール材料になる業態はありません。カフェづくりで最も大切なことは、店の「コンセプト=店のこだわり」を決めることだと以前にもお伝えしました。それさえ頭の中でしっかりイメージできれば、半分はオープンにこぎつけたようなものです。

続きを読む  2015年8月12日
特殊包丁の特徴と用途
特殊包丁の特徴と用途

特殊包丁の特徴と用途。特殊包丁は、仕事を効率的に行うために、用途に合わせて開発された専用の包丁で、ハモ骨切り包丁やウナギ包丁、すし切り包丁などがあります。それぞれ個性的な形をしているものが多く、扱い方も難しが、これらの包丁と使いこなせるようになると格段に仕事の効率があがります。

続きを読む  2015年8月2日
薄刃包丁の特徴と用途
薄刃包丁の特徴と用途

薄刃包丁は、むく、刻む、へぐ、そぐと野菜の仕事には欠かせない。プロの料理人が始めて手にするのもこの薄刃包丁です。野菜の仕事を通じ、包丁の扱い方や刃の動かし方、手の添え方など、包丁の基本を学んでいきます。薄刃包丁になれ、使いこなせるようになってはじめて、他の包丁も扱うことができるようになります。そのため、自分の手に合った使いやすい包丁を選ぶ事が大切です。

続きを読む  2015年8月2日
刺身包丁の特徴と用途
刺身包丁の特徴と用途

刺身包丁は、その名のとおり、刺身を切りつけるための包丁です。刺身は、魚の鮮度やおいしさを切り方ひとつで見せるという、きわめてシンプルな料理であり、それだけに包丁の切れ味が問われる料理でもあります。

続きを読む  2015年8月1日
出刃包丁の特徴と用途
出刃包丁の特徴と用途

出刃包丁は、ウロコを取る、頭を切り落とす、内蔵の処理をする、身をおろすと、魚の下ごしらえ全般に使う包丁です。また甲羅を割ったり、鶏をさばいたり、骨をきったりする時にも使います。

続きを読む  2015年7月30日
包丁の基礎知識
包丁の基礎知識

包丁を深く識るためには、形だけでは伝えられないものがある。製造法、鋼材の種類、構造・・。包丁に使われる鋼材一つとっても、時代の中で、新しい要素が生まれ、普及している。それでも昔ながらの製法、素材が今も使われる理由を考える上で、包丁の基礎を識ることは無駄ではない。自分に合った包丁を選ぶ為にも是非学んでおきたい基本をご紹介します。

続きを読む  2015年7月29日

おすすめアイテム

総合人気ランキングTOP10アイテム

人気のギフトアイテム

特集コンテンツ