魚のおろし方 | キッチン用品 ギフト通販|フェイバリットキッチン


魚のおろし方


鯛の三枚おろし完成

魚貝の鮮度を落とさないため、効率のよいおろし方を覚える

魚貝の料理をおいしくつくるためには、まずは、それぞれの魚貝に合ったおろし方を覚えなければなりません。下ごしらえの段階で、鮮度を落としたり、身割れさせてしまったりしたのでは、仕上がりの料理のおいしさも損なわれてしまいます。

 

特に刺身では、素材の新鮮さがおいしさを決めるといえます。効率よく魚をおろすことは、魚貝の鮮度を保つことにもつながるので、的確な動きを心懸けたいところです。   魚の下ごしらえの流れは、まず、ウロコを取って頭を切り落とし、エラ、内臓を取り除く。丁寧に水洗いして血合いや汚れを取り、刺身にする場合は、おろした身をサクに取り、皮を引いて仕上げる。個々の魚の性質によっても、その方法は少しづつ変わってくるので、数を多くこなして身につけよう。

 

たいていの魚のウロコは、ウロコの流れに逆らうよう、尾から頭に向かって包丁を動かし、こそげ取る。タイなどのウロコの固い魚はウロコ取りで、カレイやヒラメなどウロコが細かく重なり合っているものはすき引きにする。続いて頭を落とすのですが、タイなど頭に価値があるものは、頭にカマや胸ビレを残すたすき落としにします。

 

頭を使わない場合は、できるだけ頭に身を残さないよう、頭のつけ根のところで落とします。これらの仕事は出刃包丁を使います。特に身をおろすときは、魚の身や骨の感触を包丁で感じとりながら、刃の動きや角度を変えていかなければなりません。そのため、包丁は人差し指を包丁の峰(ミネ)に添えて、親指で腹を押さえ、刃がぶれないように握る事が大切。この持ち方ならば、包丁を寝かせてつかうことの多い作業でも包丁が安定するのです。

 

ウロコ引きを使う場合 ウロコ引きを使う場合

 

鯛の三枚おろし

ウロコ引きを使う場合
鯛を三枚におろします。まずウロコを引きます。ウロコ引きを使う場合は身が割る事もあるので注意して行いましょう。ウロコ引きを尾から頭へ向かって動かし、かきとる様にしてウロコを取ります。特にエラの裏側や頭の付け根、腹など下に隠れているところまでウロコを一枚も残さないよう取ります。その後きれいに水洗いします。

 

刺身包丁を使う場合 刺身包丁を使う場合

 

刺身包丁を使う場合
刺身包丁を使う場合は、ウロコを取りやすいように胸びれの先をエラの下へ差し込んでおき、頭は右に背側を手前にしておきます。尾から頭に向かってウロコを薄く削いでいきます。この時包丁は身に押し付けるように寝かせてあて、刃先から真ん中辺りまでを大きく前後に動かしながらウロコをすき取っていきます。端の方は包丁の刃先を魚の形に沿わせるようにしてすき取ります。両面のウロコをきれいにすき取ったら水洗いします。

 

刺身包丁を使う場合 頭を落とす 頭を落とす

 

頭を落とす

頭を落とします。頭を左にしておき、エラ蓋を持ち上げておき、三日月を切り取ります。裏返して反対側のエラ蓋を持ち上げて三日月を同様に切り取ります。頭を右、腹側を手前にしてて持ちエラの下から包丁の刃先を差し入れてエラの付け根を切り離したら包丁を下へまっすぐ下ろして頭を落とします。

 

エラ内臓を取る エラ内臓を取る エラ内臓を取る

 

エラ、内蔵を取り、水洗いする

腹の中央に切り込みを入れそのまま肛門産卵口まで、包丁を進めて切り開きます。身を持ち上げて刃先で内蔵の膜を切り離し内蔵を引き出します。

 

エラ内臓を取り水洗いをする エラ内臓を取り水洗いをする

 

血合いをとる<

  背骨の下にある血合いの部分を包丁の切っ先でかき出し、改めて水洗いします。竹笹らを使えば残った血などもかき出し安くなります。頭の付け根付近の左右にある血合いも取り残しのないようにきれいにかき落とします。細かい部分は笹らをつまむように細く握って持ち血合いをかき出します。

 

仕上げにエラの部分の血合いも確認します。血合いを全て取り除いたら冷水で腹の中まできれいに洗います。この後布巾で腹の中の水気をしっかりと拭き取っておきます。

 

魚を三枚におろす 魚を三枚におろす 魚を三枚におろす

 

三枚におろします。

まず下身からおろします。頭を右、腹側を手前にしておき、釜を持ち上げて腹骨の節目に包丁の刃先を入れて切り離します。腹側から中骨の上に包丁を沿わせるようにして入れ頭側から尾の付け根まで切り込みを入れます。再び頭側から包丁を寝かせて向こう側、背側まで刃を差し入れたらそのまま尾の付け根まで一気に切り進めて大名おろしにします。

 

魚を三枚におろす 魚を三枚におろす 鯛の3枚おろし完成

 

上身をおろします。裏に返して背を手前にしておき、背側にも包丁を寝かせて刃先を入れて中骨に沿って身を切り進めます。切り開いた身を持ち上げて再び頭側から尾に向かって包丁を入れ腹側まで一気に包丁を進め切り離します。これで上身、下身、中骨の3枚おろしの完成です。

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?

この記事が参考になりましたら下記のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!


魚のおろし方の前後の投稿記事

≪ 前の記事: を読む

≫ 次の記事: を読む

特集

開業時の設備費や厨房機器は?
カフェ開業時の設備費や厨房機器は?

どんなお店だとしても、カフェのスタイルを取るなら、エスプレッソマシーンは必須。カフェの顔として、まずエスプレッソやカプチーノはメニューから外せないでしょう。

続きを読む  2015年8月19日
開業時の内外装費は極力抑える
カフェ開業の内外装費は極力抑える

物件費用について開業資金の多くを占めるのは、内外装費です。そのポイントについて解説します。

続きを読む  2015年8月18日
好立地条件も店のコンセプト次第
好立地の条件もお店のコンセプト次第

カフェ開業の第一歩どこに開店するのか?繁華街や人気スポット等の高額物件エリアに続き、オフィス街では、坪単価は2万円~3万円程度と一気に下がり、また地方の中枢年や、住宅街では、坪単価は1万円~2.5万円が相場とさらに下がります。問題は、家賃が高い「人気エリア」なら、それに比例して集客も売り上げも上がるのかという点です。

続きを読む  2015年8月14日
カフェ開業のエリアと物件探し
カフェ開業のエリアと物件探し

物件探しは、お店の方向性作りと、オープン後の売上を左右する大事な要素です。その費用は、開業資金のおおよそ3割~5割。開業資金の実に半分近くを占めることもあるわけですから、それだけ力をいれなくてはならず、覚悟も必要です

続きを読む  2015年8月13日
店作りはオーナーのコンセプト
店作りはオーナーのコンセプト次第

カフェほど、オーナーの「こだわり」が店の雰囲気を左右し、お客さんへのアピール材料になる業態はありません。カフェづくりで最も大切なことは、店の「コンセプト=店のこだわり」を決めることだと以前にもお伝えしました。それさえ頭の中でしっかりイメージできれば、半分はオープンにこぎつけたようなものです。

続きを読む  2015年8月12日
特殊包丁の特徴と用途
特殊包丁の特徴と用途

特殊包丁の特徴と用途。特殊包丁は、仕事を効率的に行うために、用途に合わせて開発された専用の包丁で、ハモ骨切り包丁やウナギ包丁、すし切り包丁などがあります。それぞれ個性的な形をしているものが多く、扱い方も難しが、これらの包丁と使いこなせるようになると格段に仕事の効率があがります。

続きを読む  2015年8月2日
薄刃包丁の特徴と用途
薄刃包丁の特徴と用途

薄刃包丁は、むく、刻む、へぐ、そぐと野菜の仕事には欠かせない。プロの料理人が始めて手にするのもこの薄刃包丁です。野菜の仕事を通じ、包丁の扱い方や刃の動かし方、手の添え方など、包丁の基本を学んでいきます。薄刃包丁になれ、使いこなせるようになってはじめて、他の包丁も扱うことができるようになります。そのため、自分の手に合った使いやすい包丁を選ぶ事が大切です。

続きを読む  2015年8月2日
刺身包丁の特徴と用途
刺身包丁の特徴と用途

刺身包丁は、その名のとおり、刺身を切りつけるための包丁です。刺身は、魚の鮮度やおいしさを切り方ひとつで見せるという、きわめてシンプルな料理であり、それだけに包丁の切れ味が問われる料理でもあります。

続きを読む  2015年8月1日
出刃包丁の特徴と用途
出刃包丁の特徴と用途

出刃包丁は、ウロコを取る、頭を切り落とす、内蔵の処理をする、身をおろすと、魚の下ごしらえ全般に使う包丁です。また甲羅を割ったり、鶏をさばいたり、骨をきったりする時にも使います。

続きを読む  2015年7月30日
包丁の基礎知識
包丁の基礎知識

包丁を深く識るためには、形だけでは伝えられないものがある。製造法、鋼材の種類、構造・・。包丁に使われる鋼材一つとっても、時代の中で、新しい要素が生まれ、普及している。それでも昔ながらの製法、素材が今も使われる理由を考える上で、包丁の基礎を識ることは無駄ではない。自分に合った包丁を選ぶ為にも是非学んでおきたい基本をご紹介します。

続きを読む  2015年7月29日

おすすめアイテム

総合人気ランキングTOP10アイテム

人気のギフトアイテム

特集コンテンツ