ガラスの種類 | キッチン用品 ギフト通販|フェイバリットキッチン


ガラスの種類


ガラスの種類

◎ファイバリットキッチンでも多くを取り扱うガラス製品の種類をお伝えします。

ソーダガラス

 

◎ソーダガラス

※日常生活で最も用いられているガラス。 ※形状カラーバリエーションは豊富 ※耐熱温度差は約60℃、熱湯不可

 

クリスタリン(新素材)

 

◎クリスタリン(新素材)

※鉛の代わりにバリウム、マグネシウムなどを使った製品。 ※レッドクリスタルの透明度に近づけて、安価に抑えたり素材強化を行うなど開発が進んでいます。

 

耐熱ガラス

 

◎耐熱ガラス

※耐熱温度差は120℃以上、熱湯、電子レンジは使用可(オーブン、直火は不可)

 

口部強化ガラス

 

◎口部強化ガラス

※ガラス製品で破損しやすい口部に熱加工を施し、強化した製品 ※強化部分はふつうのソーダガラスのおよそ倍の強度 ※他の部分はソーダガラスと同じ

 

全面イオン強化ガラス

 

◎全面イオン強化ガラス

※科学的処理でガラス内の小さなイオン分子を大きなイオン分子に置換してガラス表面を強化した製品。 ※製品化した後でも強化加工可能 ※物理的衝撃、熱衝撃にも強いが、ガラスの厚さに比例 ※ヨーロッパではあまり使用されない(排水環境問題のため)

 

全面物理強化ガラス

 

◎全面物理強化ガラス

※ガラス全体に熱加工を施し、強化した製品。ヨーロッパではメジャーであり、強度はソーダガラスの2~5倍 ※耐熱温度差は約120℃、熱衝撃に強く、電子レンジ可。(オーブン、直火は不可) ※傷に弱く、割れる時は大きな音とともに破片が飛散しますが、破片はケガをしにくいような細かい粒状になります。

 

クリスタルガラス

 

◎クリスタルガラス

※鉛 24%以上含むガラスはレッドクリスタル、24%未満はセミクリスタルと呼ぶ。比較的高価。 ※重量感があり、叩くと澄んだ金属音がする。 ※ヨーロッパでは環境問題のため、鉛を使用しない新素材への切り替えが進んでいる。(クリスタリンを参照)

 

 

この記事の内容はいかがでしたか?

この記事が参考になりましたら下記のソーシャルメディアボタンで共有していただけると嬉しいです!


ガラスの種類の前後の投稿記事

≪ 前の記事: を読む

≫ 次の記事: を読む

世界の食文化

アジアの料理道具
アジアの料理道具

ベトナムのせん切包丁、タイの石うす、中国の土鍋、韓国の石鍋などアジアのスグレものの料理道具をご紹介します。

続きを読む 2014年9月22日
器の扱い方と基本
器の扱い方

同じ原料でも陶器メーカーやブランド、作家さんによって土の種類や作り方が異なるため、すべてのものにあてはまるわけではありませんが、器の扱い方の基本についてお伝えしていきます。

続きを読む 2014年8月25日
ガラスの種類
ガラスの種類

ファイバリットキッチンでも多くを取り扱うガラス製品の種類をお伝えします。

続きを読む 2014年8月10日
アジアの味を作り出すもの
アジアの味を作り出すもの

アジアの味は何となく未知の世界。何で味をつけているのか想像しにくいもの。でも実はそれほどでもありません。もちろん、その国独持の香や味はありますが、うちで作るときには、まず身近なもので、味作りをしてみてください。

続きを読む 2014年7月6日
器の種類と基礎知識
器の基礎知識

焼き物には大きく分けて「土もの」と呼ばれる陶器と、「石もの」と呼ばれる磁器の2種類があり、土の種類と焼成温度が異なります。

続きを読む 2014年6月15日

おすすめアイテム

総合人気ランキングTOP10アイテム

人気のギフトアイテム

特集コンテンツ